自己破産無料診断ナビ 沖縄相談室

司法書士法人永田事務所 0120-77-9674
今すぐ電話で相談してみる?

自己破産診断 自己破産を無料で診断チェック

自己破産をしたらどんなメリットがあるか?実は自己破産せずに借金をどうにかすることができる?今抱えている借金問題の解決方法を診断します。

自己破産について(仕組み)

破産というのは、「この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の生産に関する手続きを定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする」 と破産法第1条に定められています。 つまり、支払い不能の状態になってしまった人が生活を立て直すことができるように設けられている救済制度です。

破産の手続きは、借金を返済することができなくなった人が地方裁判所へ「これ以上は支払いができない」という申し立てをし、その申し立てに対し、裁判所が申立てた人は支払いができない状態であると認めると、破産手続きが開始されます。 破産手続きが認められる負債の金額は、申立てた人の状況によって異なってきます。 例えば、収入がまったくない人にとって100万円の負債があったら返済して行くのはかなり難しいですが、収入が500万円ある人にとっては、おそらく返済をすることができる金額です。 そのため、借金を返済することができなくなった場合でも、破産が認められる金額は人によって異るのです。

しかし、自己破産が認められて手続きが開始されても、この時点ではまだ借金の支払いが免除されたわけではありません。 破産手続きは、支払いができないと裁判所に認められたら、生活に必要な最低限の資産を残して、他の持っている財産をお金に換え、債権者に配当することで清算をする手続きのことを言います。 このとき、換価する財産がほとんどない場合には、破産手続き開始と同時に終結します(これを同時廃止と言います) この後、免責許可の審査があり、許可された時に債務が免除されます。 一般に破産手続きは借金が帳消しになるというイメージがありますが、それは破産手続きと免責の手続きの2段階を同時進行で行っていることが大半だからです。

自己破産をして借金を帳消しにするためには、最終的に「免責許可を得る」ことが目的となります。 通常は、破産手続開始の申立てと同時に免責申立てをします。現在は破産申立てと同時に免責申立てもされたとみなされますので、これを省略することができます。

Copyright (C) 自己破産無料診断ナビ 沖縄相談室 All Rights Reserved.