自己破産無料診断ナビ 沖縄相談室

司法書士法人永田事務所 0120-77-9674
今すぐ電話で相談してみる?

自己破産診断 自己破産を無料で診断チェック

自己破産をしたらどんなメリットがあるか?実は自己破産せずに借金をどうにかすることができる?今抱えている借金問題の解決方法を診断します。

もしも、自己破産をしたら

自己破産は、裁判所に債務の支払いが不能であることを承認してもらい、その後の支払いを免除してもらう手続きです。

自己破産をすることで、借金がなくなると思っている方もいるかもしれませんが、借金を免除してもらう代わりに、デメリットも当然あります。
破産をしてから「知らなかった」と言っても、手続きを巻き戻すことはできません。
事前に自己破産をするとどのようなことが起こるのか、しっかりと理解しておきましょう。

破産をすると財産を失う

たとえば、マイホームをお持ちの方が破産をすると、せっかく購入したマイホームは競売にかけられ処分しなければなりません。
そうすると、今の家は他人の手に渡ってしまいますので、住み続けることができなくなってしまいます。

相続した土地をお持ちの方が破産すると、その土地を競売にかけ、支払いに充てるお金に変えなければなりません。
家族から受け継いだ大切な土地を手放さなければならなくなってしまいます。

官報に載ってしまう

戸籍や住民票に破産したことが載るというのは間違いですが、自己破産をすると、官報という政府が発行している新聞のようなものに記載されます。
しかし、一般の人が官報と見ることはまずないので、官報を通じて会社や家族に知られてしまうとか、就学や就職などに不利に働くことはないと思っていてよいでしょう。

クレジットカードやローンが一定の期間利用できない

自己破産をすると、信用情報機関にその旨は登録されますので、一定の期間クレジットカードを作ったり、新たな借り入れができなくなります。
通常、この信用情報は5年~7年で消えると言われています。

連帯保証人への債務は残る

主債務者が自己破産をしても、連帯保証人への債務は消えません。
そのため、今度は連帯保証人へ請求がされることになります。
連帯保証人付きの債務がある場合、連帯保証人の方も、同時に自己破産や債務整理を検討する必要が出てきます。

自己破産をすると、こういったリスクがあるのです。

しかし、負債が多きくなりすぎで、もう自分ではどうしようもない。
何年返済を続けたら返し終わるのか見当もつかない。
そうなったら、破産しかないんじゃないか。

そう思ってしまうのも仕方ないことだと思います。
それでも、破産せずに借金をなんとかすることができないか…

そう思ったら、まず診断をしてみたください。
あなたの現在の状況から、一番メリットの大きい解決方法をご提案します。

Copyright (C) 自己破産無料診断ナビ 沖縄相談室 All Rights Reserved.